テーマ:CD

三浦一馬プレイズ・ガーシュウィン

ご無沙汰してます。 ちょっと先の話ですが、発表会のお知らせです。 6月27日(土〕午後2時演奏開始 広瀬市民センターセミナー室 入場無料です。 今日は三浦一馬くんのCDを買いましたが、今回はタンゴではありません。 バンドネオンの音が好きだからいいのです。 サマータイムがどんなアレンジなのか楽しみです。 ギターでも弾きたくなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブリームのBOXCD

ブリームのBOX CD 40枚 やっと全部聴きました。 聴き始めがいつだったのか覚えていないけど、長かったけと楽しかったな。 リュート音楽もなかなか良いものです。 もちろん私はリュートは弾けないのですが、 ダウランドの作品とかギターで弾いてみたいですね。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブエノスアイレスの冬・・・福田進一

今年最後に聴いたCDがこれ。 福田進一さんの「ブエノスアイレスの冬」です。 考えてみれば、アサド編の四季を初めて聴いたのは、 福田先生の「ブエノスアイレスの冬」かな。(←Jongoに入っている方ね) という訳で、再度聴いてみることにした。 この曲は、メロディーがピアノだったり、バイオリンだったり、バンドネオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブエノスアイレスの四季から秋と冬

村治奏一さんの「玉響」が届きました。 このアルバムに入っている「ブエノスアイレスの秋と冬」が聴きたくて、 発売からかなり遅れての購入となりました。 どちらもアサド編曲なのですが、楽譜には載ってない音がたくさんあって、ビックリ!!! (私と音が違う箇所もあったので、再度楽譜を見直したいと思います。) この2曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブエノスアイレスの四季・・・三浦一馬

「ブエノスアイレスの四季」全曲が入っているCDって、あんまりないんですが、 三浦一馬さんが昨年(かな)出したアルバムです。 オールピアソラで、四季も全曲入っています。 聴いてみると、ちょっと上品な感じがします。 やっぱり、本物のピアソラとは、当たり前だけど違う。 でも、一馬くんらしい、フレッシュな感じですかね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブエノスアイレスの四季

今さらですが、ピアソラの「ブエノスアイレスの四季」にはまっています。 「レジーナ劇場のアストル・ピアソラ」は四季が全曲入っています。 アサドがギター用に編曲した四季は、これが基になったみたい。 編曲物を弾くには、まずオリジナルを聴いておかないとね。 アサド編の四季を弾くには、とても参考になるCDだと思います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キケ・シネーシ&パブロ・シーグレル

少し前に買ったCDなのですが。 シネーシ(ギター)とシーグレル(ピアノ)にバンドネオンが入ったタンゴのCD。 聴いてみたくなるよねぇ~ 実際に聴いてみると、ピアソラの曲が2曲入っていて、落ち着くんだな。。。 シネーシ(ギター)とシーグレル(ピアノ)という響きに負けて買ったものの、 バンドネオンの音色がたまらない。。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カーメラタンゴス

三浦一馬くんの新しいCDが発売されました。 一馬くんの3枚目のアルバムです。 「カーメラタンゴス」以外は全てピアソラの曲。 「現実との3分間」はぴったし3分の演奏。凄い。 ピアソラだって、3分ぴったしじゃないよ! 「アディオス・ノニーノ」はいろんなアレンジで今まで聴いたけど、 今回はバンドネオンのソロ。さすが、一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コスタリカ

村治佳織さんのDVD「コスタリカ」を購入。 最近、吉松隆さんの「水色スカラー」を練習していて、 このDVDに「水色スカラー」が収録されていたので買ったのですが・・・ 私が見たいのは、コスタリカの自然ではなく、 村治佳織さんの運指なのです。 チラッとは見る事ができましたが・・・ でも、曲の雰囲気を充分感じ取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Astor Piazzolla

TSUTAYAレンタル限定のピアソラのCD ピアソラ没後20年ということで、企画されたものです。 中身は、後期にスタジオ録音された3枚のアルバムから抜粋したものでした。 今日は中古でも、ピアソラのCDを発掘してきました。 (500円×2枚=1000円) これは、来週の通勤のBGMにします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Bleu

大萩康司さんのアルバム「Bleu」に収録されているピアソラの曲。 どこかで、聴いた事あるんだけどって、ずっと気になっていました。 曲のタイトルは「ハシント・チクラーナ」。 今日、たまたま聴いていたピアソラのCDで、その曲を発見できました。 よくよく聴いてみると、出だしはギターソロで、その上に歌が重なっていきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の列島

今日は 新井伴典&松田弦 お二人のデュオコンサート でした。 会場は、「中本誠司現代美術館」。 住宅地のなかに、こんな建物あったんだ~ 会場の音響もとてもよくて、ギターがいい音だしていました。 楽器も、もちろん良いのでしょうが、やはり右手の使い方が上手いんでしょうね。 私も、あんな音出せるのかな・・・?もっと、音色…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

PIAZZOLLA

大萩さんのピアソラ作品集が発売されています。 発売日から、数日遅れで購入。 でも、買った日が大萩さんの誕生日っだったみたいで、なんか嬉しい。 聴きたいピアソラの作品がいっぱい入っていて、大満足。 一曲目の「リベルタンゴ」はバンドネオンとの共演。 バンドネオンとギターって、合うね。 もちろん「タンゴの歴史」のフルー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

REVOLVER(リボルバー)

ビートルズの1966年の録音だそうです。 武満徹編曲の12の歌にビートルズの曲が4曲ありますが、 1曲だけ原曲を聴いたことがありませんでした。 「Here, There And Everywhere」 この曲が入っているアルバムが、「REVOLVER」です。 編曲ものを弾く時は、出来る限りオリジナルを聴くこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タレガ作品集Ⅱ

福田先生のタレガ作品集Ⅱが発売されました。 タレガの小品がたくさん録音されています。 今回は、「アルハンブラの思い出」も収録されています。 トーレスが奏でる、「アルハンブラ」いいですよ。。。 意外な曲も録音されていて、 「タンゴ」って、あまり録音するギタリストは少なくて・・・ この曲って、ちょっとした思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

15歳の三浦一馬くん

まだ、中学生だったのでしょうか? 15歳の少年がバンドネオンを演奏してます。(凄くない?) タンゴって、5重奏ぐらいが一番好きなんですが (バンドネオン、ピアノ、バイオリン、ギター、コントラバス) このCDは、バンドネオンとピアノの2重奏ですが、 それが、バンドネオンを魅力を充分に出してくれています。 「タンティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェリシタシオン!

大萩康司さんの、デビュー10周年記念アルバム。 ベスト版ですが、新録音・再録音の曲も結構あり、 単なる、寄せ集めではないようです。 明日が発売日だったらしいのですが、 すっかり、今日が発売日だと思って、CDショップに行ってしまいました。 でも、しっかり置いてありました。良かった。。。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MAGICAL MYSTERY TOUR

ビートルズのアルバム「MAGICAL MYSTERY TOUR」です。 この中に、「The Fool On The Hill」や「Penny Lane」 が入っています。 ギターデュオでも、おなじみの曲ですね。 来月30日の亘理ライブでも、これらの曲を演奏します。 原曲を聴いておきたくて、CDを買ってしまいました。(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Live in Tokyo 1988

ピアソラが1988年に来日した際の、貴重な音源がCD化されました。 歌手ミルバとの共演で、ミルバの歌唱力といったら、半端ありません。 すごい、迫力です。 ミルバの歌付きもいいのですが、歌なしの5重奏団の演奏も素晴らしい。 この後すぐに、5重奏団は解散したそうで、一番いい時の演奏だったようです。 1982年、19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

碧空

久しぶりに、小松亮太さんのCDを買いました。 最近は、タンゴ以外のジャンルでも活躍されていて、 でも、私はタンゴが好きだったので、しばらくCDを買っていませんでした。 今回は、全てがタンゴ。 しかも、「昭和」の香がします。 「エル・チョクロ」めちゃめちゃ、カッコ良かったです。 始めの、バンドネオンソロも素…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ある貴紳のための幻想曲

荘村さんの、CD「アランフェス協奏曲」買っちゃた。 とはいっても、目的は「アランフェス」ではなく「ある貴紳のための幻想曲」の方。 楽譜も一緒に買ってしまいました。。。 伴奏は、オケではなく、ピアノです。 娘に、ちょっと頼んで、冒頭の部分を弾いてもらった。。。うんうん、いい感じ。。。 初見で弾けるもんじゃないけど、試…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

early-works-best-classical

今さらなのですが、福田先生の early-works-best-classical を買いました。 ベスト版ではあるのですが、このCDにしか入っていない曲があります。 「ある貴紳のための幻想曲」です。 正直「アランフェス協奏曲」のカップリング曲という印象が強く、 特別、好きな曲ではありませんでした。 でも、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三浦一馬

若手、バンドネオン奏者のデビューCDです。 なんでも、アルゼンチンのピアソラコンクールで準優勝したとか。。。 ピアソラコンクールなんてあるんだ・・・ 初めて知りました。 確かに、上手い。 私も、バンドネオンをさわったことがありますが、あっというまに挫折しました。 一馬くん、めっちゃ上手いです。 バンドネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過ぎ去りしトレモロ

佳織ちゃんが18歳の時に出した、ミニアルバム。 クラシックで、ミニアルバムが出ること事態、珍しいことだよね。 発売当初は、4曲しか入ってないから、いらないやって思って、買わなかったんだ。 まぁ、結局は後から買ったんだけど・・・ しばらく、存在を忘れていて・・・ 「過ぎ去りしトレモロ」って、佳織ちゃん録音してた気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スラヴァ・グリゴリアン

オーストラリアのギタリストだそうで・・・ 以前(10年くらい前)に生徒さんに借りたことがあったのですが。。。 中古で、見つけてしまいました。 え、「タンゴの歴史」なんか、入っていたっけ・・・? すっかり忘れてました。 一曲目の「タンゴ・アン・スカイ」も、最近のギタリストの演奏とはちょっと違う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マリア・エステル・グスマン

このCDは、グスマンのラテン音楽作品を集めたものです。 グスマンと私は、ほぼ同世代で、同じコンクールに出たこともありました。 控え室が同じだったりね。 グスマンとかぶったコンクールは全てグスマンが優勝。 それで、このCDの中のラウロ作曲の三部作が私のお気に入りの曲です。 ラウロで弾きたい曲は、やっぱりこの曲です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Reverie/夢というタイトルのCDが発売されています。 演奏は、弟くん。(佳織ちゃんの弟ね) 新星堂さんで、試聴できたので、1曲目の「過ぎ去りしトレモロ」を聴いてみました。 ゆっくりとした、トレモロ。。。でも、綺麗。 以前から、欲しいと思っていたので、買っちゃいましたが、まだちゃんと聴いてません。 明日の通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お得なCD

このCDは3枚組みなんですが、ジュリアーニのロッシニアーナが全曲入っているんです。 福田さんも、ロッシニアーナを録音していて、でも3曲なんですよね。 だから、1~3番まではなじみがあったのですが、4番以降は聴いたことなくて・・・ やはり、ロッシーニのオペラから取り入れたので、どこかで聴いたことあるようなフレーズも・・・(気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと入手<TANGO SENSATIONS>

バルエコのギターと弦楽アンサンブルのCD。 しかも、タンゴ(主にピアソラ)。 欲しかったんです。 街のCDショップに行っても売ってなくって・・・ 現代ギター社に注文してしまいました。。。 いい感じです。 バンドネオンは入っていませんが、物足りなさも感じません。 ギターがすごく、引き立っています。 曲目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森の中のカンティレーナ

福田進一さんの新しいアルバム、ラテンアメリカ作品集Ⅲを買ってきました。 ブローウェルとヴィラ=ロボスの曲からなっています。 最初、ブローウェルの曲はとっつき難いかと思っていたのですが、 一曲目の組曲2番から、とても素敵な曲が並んでいました。 「黒いデカメロン」って、福田さんは初録音なのかな・・・? そういえば、聴い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more