テーマ:CD

yasuji

大萩くんの、新しいアルバムが発売されましたね。 初回限定のDVD付きを、GET! なんと、ポストカードまで付いている。。。 この写真がそうなんですが、なんかうちの息子にすごく似ているんです。 親だから、ひいき目になっているのでしょうが・・・ でも、娘も「似てる!」って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショパニアーナ

福田さんのショパニアーナ。 中古で見つけちゃった。820円。 ケースに傷がありますが、仕方ないですね。 県立図書館には、このCDが置いてあって、真っ先に借りて聴いたのですが、 やっぱり、持っていたいよね~~。 福田さんの写真も、若くてカッコいい!(今は、今でカッコいいんですよ、もちろん) タレガの小品も、とても素…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SOR&GIULIANI

ディアンスの新しいアルバムが届いた。 ソルとジュリアーニの作品集。 聴きながら、このブログを書いています。 ディアンスって、あんなに現代的な曲を作曲するのに、古典もばっちり弾くんですよね。 さすが、ディアンス! このアルバムは、ギターソロは少なく、弦楽(たぶん4重奏)とのアンサンブルがメイン。 ソルのエチュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハルモニア

いちむじんの2ndアルバム、「ハルモニア」です。 1stアルバム「Rui」では、「kaze」が聴きたくて買いましたが、 2ndアルバムも買ってしまった。「AME」という、長岡さん作曲の作品が入っています。 へ、へ、まだ聴いてないんだ。 明日、ドライブしながら聴いてみます。 楽しみはとっておくのだ。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ギドン・クレーメル2

ギドン・クレーメルのCDを1枚購入。 バッハのバイオリン協奏曲は、バッハが苦手の私が、なぜか大好きな曲。 さらに、中新田で生のクレーメルを見て、これは聴いてみたい。 ありゃ~、早いね。全体的に。 録音は1982年と書いてあるので、25年前の録音ですね。 写真のクレーメルも若いですね。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

福田さんのCD大人買い。

3枚買っちゃった。 1枚は最新のラテンアメリカ集② そして、もう1枚は前作のラテンアメリカ集① さらにもう1枚は、マンドリンとのデュオ。 コンサート告知。 5月13日(日)14時開演。 場所は戦災復興記念館 記念ホール。 入場料は500円。 チルコロ・マンドリニスティコ・フローラの第24回ソロとアンサンブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アクアレル

大萩くんの新しいアルバムが、2月21日に発売されました。 やっぱり、買っちゃった。 お給料日前で、お財布はピンチだったけど、どうせ買うんだから、早く買っちゃおう! アルバムの内容は、先日名取でのコンサートのプログラムとほぼ同じ曲目。 あのときの、感動がよみがえってきますね。 そうそう、ヴィラ=ロボスの前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いちむじん

ずっと気にはなっていた、「いちむじん」のCDを買ってしまいました。 やっぱり、ジョンゴはいいですね。 後の曲は、ポピュラーな、聴きやすい曲を集めた感じですね。 その中に「Kaze」というタイトルの曲があるのですが、まだ決定ではないのですが、演奏することになるかもしれないのです。もともとは、マンドリンとフルートのため…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ CD Book Vol.2

またまた、のだめの話題です。 「のだめカンタービレのCD Book」ってあるんですよ。 のだめの中で、登場(演奏)された曲を集めたCDなんですよね。 正直、知らない曲のオン・パレードなんですが、たまにはこんなクラシックな曲もいいものです。 知らない曲のなかで唯一知っていた曲が「魔法使いの弟子」。 ディズニー映画「フ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

小松真知子&タンゴクリスタル

小松真知子さんは小松亮太さん(バンドネオン奏者)のお母様であります。 その真知子さん率いるタンゴバンドのコンサートがあります。 11月28日(火)午後7時開演。 場所は「法運寺」。。。。 そうそう、お寺でやるみたいですよ。 チケットはプレイガイドで発売しております。 多分、私も行くはず・・・ でも、その週って、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栗コーダーカルテット

この間の日曜日に買った、栗コーダーカルッテットのアルバムです。 1994年~2004年の間に録音されたものの、ベスト版です。 アニメ・キョロちゃんの挿入曲そして使われた「生きているだけで楽しい」が聴きたくて、買ったものです。タイトルだけで楽しくなっちゃうよね。 キョロちゃんって、とにかく楽しく生きるんだよね。 「xxxっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キョロちゃん オリジナル・サウンドトラック

かわいいでしょ!キョロちゃん。 アニメのキョロちゃんって、ホントかわいいよね! 栗コーダカルテットの魅力に負けて、キョロちゃんのサントラも買ってしまった。 なつかしのメロディーが・・・ 「あ、怪盗ギロッシュだよね」「そうそう、マツゲール博士ね」 なんて、子供たちとの会話もはずむ。 是非、アニメのキョロちゃん見…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

キケ・シネーシ

シネーシの「澄み切った空」が聴きたくて、このCDを買いました。 シネーシの自作自演集なのかな・・・一部編曲ものも入っているようですが・・・ 「澄み切った空」は7弦ギターで弾かれていて、大萩くんともまた違った印象でした。 テンポも速い! 「ピッコロギター」という楽器で弾かれている曲もありましたが、「ピッコロギター」って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ/村治奏一

最近発売された、村治奏一くんのアルバムアメリカを購入した。 新星堂の視聴コーナーにおいてあったので、ちょっと聞いてみたら、欲しくなってしまって、衝動買いに近い感じで買ってしまった。 内容的には、ノリの良い、アメリカの感じが出ている曲を集めたCD。 でも、実際は「ディアンス祭り」って感じ・・・? ディアンス編曲が随分と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

eden-stell guitar duo

注文していたCDが届いた。 2ヶ月ぐらい待ったかな・・・ ディアンスのソロの曲はたくさんあっても、デュオの曲となると途端になくなる。 唯一見つけたのが、「北方」。 楽譜はすぐに手に入ったのですが、なにせ聴いたことのない曲なので、どんな曲か全くわからず・・・楽譜を見ても、変な記号とかあったり・・・ 音源を捜していたら、e…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アルゼンチンのギター音楽集 第2集

NAXOSから「アルゼンチンのギター音楽集 第2集」が発売された。 南米好き、アルゼンチン好きの私がすぐに欲しくなるCDです。 もちろん、第1集も持っています。 「第1集」はプホールの曲が結構入っていて、私もコンサートで弾いたりしました。 南米組曲も入っているんですよ。 「第2集」もプホール(あるタンゴ弾きへの哀歌)も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RITO祭礼

鈴木大介さんのデビューCD「RITO祭礼」を購入しました。 ブローウェルの3つの協奏風舞曲がギターデュオで録音されていると知り、聴いてみることにしました。う~ん、ブローウェルのデュオの曲は、みんな個性的です。ホントに弾けるのか自信がありませんが、仙台ギターデュオで取り上げるつもりです。 なんたって、コンサートシリーズは  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランスフォーメーション

遅ればせながら、村治佳織ちゃんのCD「トランスフォーメーション」を購入しました。 中古CD屋さんに売っていたんですよね。 佳織ちゃんのCDを手放す人って、どんな人なんだか・・・もったいないよね。 まあ、お安く買えて、私はありがたいのですが。 7月2日(日)に武満作品を演奏するコンサートが決まりました。 ギターのための1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Duo Gvito

現代ギター2月号の新入荷CDに「デュオ・グヴィート」のCDが紹介されていた。 正直言って、知らないグループだったのだが、曲目が魅力的だったので、注文してしまった。 曲目は以下のとおり。    プホール:3つの秋の小品    マシャード:おじいちゃんのシャランガ、北東の心象    モレル:ダンサ・ブラジレイラ …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

どですかでん

鈴木大介さんのCD「どですかでん」をお借りした。 以前、大介さんと渡辺香津美さんのコンサートに行ったこともあったけ・・・ その時弾いていたのが「どですかでん」。 映画音楽らしいが、もちろん映画は見たことがない。 現代ギターに大介さんが楽譜を掲載していた時期があるが、「どですかでん」も載っていた。 ただし、CDではデュオなの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モサリーニ&アントニオ・アグリ タンゴ五重奏団

久々にタンゴのCDを買ってしまった。(中古なんですが・・・) モサリーニ(バンドネオン)とアグリ(バイオリン)中心にした五重奏団の「エンクエントロ」。 ぱっと聴いた感じ、「アルゼンチンの現代音楽?」という印象を受けた。 「タンゴ」っぽくないんだよね。 ピアソラの曲は「AA印の悲しみ」の一曲のみ。でも、この曲をピアソラ以外の演…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

プホール

プホールの自作自演のCDが届いた。 曲目は以下の通り。   魔術師の3部作   あるタンゲーロの死に寄せる哀歌   14のエチュード   4月の印象 「あるタンゲーロの死に寄せる哀歌」は村治佳織ちゃんも録音してますよね。でも、あまり印象に残っていないんですよね。ちょっと気に入った曲が、14のエチュードの中の第2番。とても…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フェリシダージ(その3)

やはり、オリジナルが聴いてみたかったので、ディアンスのCDを注文していた。 一週間ぐらいで送られてきた。(Amazonありがとう) ディアンスって、上手いんだ~と、感心してしまった。 さすが、編曲者。今まで、村治弟くん、荘村さんと聴いていたけど、一番いい。 音も、とても軟らかくて、とれでいて、軽快で・・・ (こんな風には弾け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HABANA

この前の日曜日に、大萩くんの新しいCDを買った。 初のライブ版とのこと。ワクワクしながら、聴いてみた。 とても、ダイナミックな演奏です。スタジオ録音とはちょっと違った感じがします。 音色というか、音質というか、なんか硬い気がする。 私の音はどちらかというと、昔っぽい(セゴビアっぽい)感じがします。 今の時代はそういう、音じゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェリシダージ(その2)

ボサノバのCDを図書館から借りてきた。(私の職場は、図書館が近くにあるのでとても便利) やばいよ! ボサノバの世界にはまりそうだ! 聴いていて、とても心地よいんだな~ しばらく、図書館通いが続きそうです。 ディアンスの世界に浸っていたのに、仕事で(ギターのね)スペインものを弾く事になった。 ニューイヤーコンサートの1週…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

誕生日前日

明日がお誕生日なので、プレゼントをもらった。 小松亮太の最新アルバム「タンゴ・ダイアリー」。うん、いいね。 前作のCDはタンゴっぽくない曲があったりして、う~ん、って感じだったけど、 今度のはかなりいいですよ。喜多さんのバイオリンも迫力あって、スゴイ! 熊田さんの「ラ・カジェシータ」というのが録音されている。 たぶん、エル・…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

12の歌・地球は歌っている

先日の荘村さんのリサイタル以来、すっかり荘村ワールドの影響を受けている。 荘村さんの代表作はやっぱり「12の歌・地球は歌っている」だと思う。 1977年録音と記されている。 私がギターを始めて間もなくのものかな。 はっきりは覚えていないが、たぶん、おこづかいをためて、レコードを買ったのだと思う。 大事に保管していなかったので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more