画像
約1ヶ月ぶりに弦をはりかえました。

スッキリとした音になりました。
始めて張った弦ですが、結構いいかもしれない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

福島のギター弾き
2010年09月17日 18:42
 私が愛用しているのはセシリアの緑(Low-S)です。地元では入手できないので通販か、東京に行ったときに買い置きしています。
 ハナバッハも緑がLowテンションです。緑はテンションが低いのかな?
 私個人ではどちらも好きな弦です。ハイテンションの弦(リーガル青+オーガスチン)は昔は良く使いましたが、指が痛くなるので最近は使っていません。仙台にいたときに一番勧められたのはプロアルテのノーマルで、リーガルよりは弾き易かったのですが、無理をしてテンションの高い弦を使うより、柔らかめのテンションの弦を使うほうが良いようです。
ゆんみ
2010年09月17日 20:20
(Low-S)って、Lowよりもテンション高いのかな?
ハナバッハは、私もよく使います。たいてい、緑か黄色ですね。
一番のお気に入りは、アクイラのペルラです。
ベルナベになってからは、この辺の弦を使っています。
オリベの時は、20年間プロアルテのハードでした。
今は、もうハードの弦は張れないかな・・・?
左手が・・・疲れる・・・
福島のギター弾き
2010年09月18日 09:16
 現時点でのストックは、セシリア緑2セット、ハナバッハが黄色と緑1セットずつで、張ってある弦はプロアルテのライトテンションです。ハナバッハが置いていないのに、プロアルテのライトテンションを置いてある楽器店というのも非常に珍しいものです。
 Low-SとLowの違いは、現代ギターで何年か前に特集を組んでやっていたようですが、テンションにはそれほどの違いはなかったように思います。

 ハードテンションを使ったときの失敗談:
・通っていたギター教室の講師の真似をして、3弦だけをサヴァレスのアリアンスにした(他はプロアルテノーマル)。
=左手中指が腱鞘炎になり、近所の整形外科で注射を打たれる羽目に(手が痺れているのに車を運転したお陰で、縁石にバンパーをぶつけて修理費でボーナスが半分消えてしまった)。
・福田進一さんの真似をして、オーガスチン青+リーガルに
=またも腱鞘炎になった上に、痺れた手で劇薬をこぼして同僚から大目玉。結局1週間で外してしまい、プロアルテノーマルに。
ゆんみ
2010年09月19日 22:03
今回張ってみたセシリア「Low」ですが、好感触です。
音の透明感も良いし、今まで張った弦の中で、一番音量が出ている気がします。弾いていて、とても気持ちがいいです。
それにしても、福島のギター弾きさんは、よく腱鞘炎になりますね。
練習のしすぎは、よくありませんよ。ほどほどに。。。

この記事へのトラックバック