豪華ギタリストたちの饗宴

11月14日(日)中新田バッハホールで、こんな素敵なコンサートがあります。
画像

今日からチケットが発売。
さっそっく、チケットぴあでゲット。

出演者は、荘村さん、鈴木大介さん、大萩康司さん、そして、村治奏一さん。
村治奏一さんの生での演奏は聴いたことがないので、めっちゃ楽しみです。
先日、村治奏一さんのブログで、フォーコを演奏している映像があって、ゾクッとしました。
生で、フォーコ聴いてみたいです。弾いてくれるかな・・・???

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

福島のギター弾き
2010年08月01日 20:03
 実は11月13日に仙台に来ておりますが、中新田に行くのは少々厳しいですね。仙台時代に入っていたギター教室の発表会です(聴きに行くだけじゃなくて発表もします。曲目は現在未定)。
 今日はひたちなか市で村治佳織の演奏を聴いて来ました。他に和太鼓や能楽、尺八やピアノの発表があり、フェスティバルという感じでしたが、ピアゾラの「タンゴの歴史」を、尺八とギターのコラボで演奏したのが思いのほか良い演奏でした。
ゆんみ
2010年08月02日 21:22
珠響~たまゆら~観に行かれたのですね?
仙台でも、今度の木曜日にあるのですが、入場料も高いし、
いまいち、何を演奏するのかも分からなかったので、行くのをためらっていました。「タンゴの歴史」いいですね。私も聴いて見たいけど・・・
福島のギター弾き
2010年08月03日 00:02
 ひたちなかでの村治佳織の演奏はアンサンブルを含めて4曲でした。ギターだけを聴きに行きたいと思っておられる方には少々物足りなく感じるかも知れません。能楽や和太鼓なども嫌いではないのですが、長時間では多分退屈してしまったと思います。居眠りをしようにも、太鼓のデカい音をドコドコ鳴らされていたのではそうも行きませんから(笑)。ピアノの発表はトーキングが結構面白かったです。
 ギターの演奏曲は、「タンゴの歴史(第1楽章のみ、尺八とギターのデュオ)」、「タンゴ・アン・スカイ(ディアンズ)」、「戦場のメリークリスマス」、「追憶」(以上3曲はギターソロ)の4曲でした。

 11月13日の発表は、フェレールの「タンゴNo.3」、タレガの「ラグリマ」、ソルの「月光」からどれか1曲を演奏する予定です。只今暗譜と練習に励んでおります。
ゆんみ
2010年08月08日 17:44
結局、珠響~たまゆら~は終わってしまいました・・・
でも、でも、佳織ちゃん10月に仙台に来るんですね
新聞の広告を見て、初めて分かりました。
待ってて、良かった!

この記事へのトラックバック