庄内国際ギターフェスティバル関連(その2)

私が今回レッスンを受けた先生は、大萩先生とブラーボ先生でした。
どちらの先生も、私が希望した方々でしたので、嬉しかったのですが、ひどく緊張もしました。

初日に大萩先生のレッスンを受け、
3日目にブラーボ先生のレッスンを受けました。
写真は、同じ仙台から受講にきていたSさんが、撮ってくださいました。
ありがとうございます。

画像


ブラーボ先生のレッスンは、本当に楽しく受けることができました。
レッスン曲は「あるタンゴ弾きへの哀歌」の3楽章。
パーカッションの部分が、どう弾いていいのか分からず、悩んでいたのですが、
ブラーボ先生のおかげで、無事解決。

右手の親指を使って、タンボーラのような感じなんだけど、もっと大胆に叩く!
指が痛くなりました。

ブラーボ先生のCDも買ってきました。
もちろん、サイン入り。

画像


ブラーボ先生、今度は仙台にも来て下さいね。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック