今井勇一

新しい楽器が欲しいという思いで、ヤマハ仙台店を訪れてみた。
あまり高級なギターはおいてないものの、それでも何本か良いのがあった。

「今井勇一」はなんでも、今国産で一番人気らしい・・・
表面版の装飾がとてもきれいなギターです。(私好み)
お値段は35万ぐらいなのですが、なかなかいい音がします。
お店が響くのかと思ったら、そうではないみたいで、とにかく楽器が響いていました。
お勧めですね。

「河野・桜井」の70万くらいのもあったのですが、こちらのほうが響かない感じ。
弾きこまないと、自分の音が出てこないみたいです。

新しい楽器、欲しいよ~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

相方
2006年02月26日 17:00
新しい楽器。。。。僕はまだいいや。僕のオリベ『ブラックジャック』も
作られてから30年経ってるけどまだまだ吠えるし、中出さんのも良い音
出してますよ~。
でも新しい楽器の誘惑はありますねえ。最近はネックがせり出してるヤツ
とか表面板に工夫してあってデカイ音がする楽器とか。。。
サイズの問題もありますね。オリベは僕の手の大きさに調度良いんですが、
女性には扱いにくい大きさでもあるのでしょうね。650mm以下が弾き
やすいかなあ。。。
ゆんみ
2006年02月26日 19:05
そうそう、オリベは658mmでしょ。とにかく、でかいのよ。
当時、レディースサイズのオリベもあったのですが、サイズが小さい分響かない感じでした。大きいのは分かっていて、658mmにしたんですけどね。
でも、最近の楽器はサイズが小さくても、充分響く様です。
「今井勇一」について
2006年05月17日 20:05
35万だったらアストリアスで制作したもの。
ゆんみ
2006年05月18日 20:25
そうらしいですね。
それだけ、アストリアスのギターは良いってことかしら・・・
でも、結局は「今井勇一」の楽器は買わなかったのね。
現代ギター社に問い合わせたら、だいたい一年待ちだと言われました。
一年待とうかな・・・って気持ちもあったのですが・・・
結局、「ベルナベ」になったんですよね。

この記事へのトラックバック